読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ちゃんゆーのブログ

思ったことや、技術系のメモなどを書き残していきます。

Pythonでじゃんけんゲームを作ってみる

Python勉強中のちゃんゆーです。

しばらくPythonの勉強が滞っていたので、思い出すのと、アウトプットもそろそろ出していくという意味でじゃんけんゲームを作ってみようと思います。

作ってみた

作ってみました。

#!/usr/bin/env python
# -*- coding: utf-8 -*-

hand = ["グー", "チョキ", "パー"]
judge = {
    (0,0):"あいこ", (0,1):"勝ち", (0,2):"負け",
    (1,0):"負け", (1,1):"あいこ", (1,2):"勝ち",
    (2,0):"勝ち", (2,1):"負け", (2,2):"あいこ", }
#(自分の手,相手の手):対戦結果

player = int(input("あなたは何を出しますか? 0:グー, 1:チョキ 2:パー :"))
rival = 0

print("あなたは", hand[player], "である")
print("相手は", hand[rival], "である")

print("試合結果は", judge[(player, rival)], "!")

print("おわり")

出力結果は

あなたは何を出しますか? 0:グー, 1:チョキ 2:パー :0
あなたは グー である
相手は グー である
試合結果は あいこ !
おわり

最初に何を出すか数字で答えさせて、仮想の相手と勝負します。   自分の手と相手の手を表示してから、対戦結果を表示します。

jadgeは判定するためのディクショナリです。 この場合、ディクショナリのキーをタプルにした方が扱いやすいよね、たぶん。

playerはintで強引に型変換したんだけど、なんかいい方法ないかな。見づらいし。

まとめ

このコード見ての通り、相手はグーしか出さないです。パー出せば勝てます。やったね!
また乱数使って、相手もちゃんと手を変えるようにしたいと思います。

条件分岐すらしてないプログラムだからね。もう少しがんばります。